政治を変えるチカラ。

みなさんが願いを託した政治家はみなさんの切実な願いに応えていますか?
私は、横浜・鶴見区に住んでいる市会議員です。
鶴見をもっと住みよい街にしたい!心からそう願い行動しています。
所属は、何事にもスジを通す日本共産党です。
ご意見やご相談はフォームにてご連絡ください。

ブログ

カジノをつくって依存症を減らす方法はない! ~予算特別委員連合審査での一問一答 その九

カジノをつくって依存症を減らす方法はない。 古谷議員: 最後に、カジノを含む統合型リゾートについて伺います。 カジノ推進法が成立した所感について、伺います。 林市長: IRにつきましては、依存症などの懸念事項への対策がしっかり講じられることを前提に、観光及び 地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するとこの IR 推進法では明記をされているわけです。まずは前提となっている懸念事項対策について国においてしっかりと議論し、国民に説明していただくことが重要だというふうに考えております。 古谷議員:  IRについて、市税を投じてなぜ調査しているのか、本市施策において…続きを読む


リスクの高いマイナンバー制度からの撤退を国に求めよ!! ~予算特別委員連合審査での一問一答…

リスクの高いマイナンバー制度からの撤退を国に求めよ 古谷議員: 次に、マイナンバー導入による市民サービスの後退について伺います。 マイナンバー制度の情報漏えいについての問題ですが、以前市長は「市民のみなさまの個人の情報をしっかりと守ってまいります」とおっしゃっていました。制度が始まって、これまでの本市のマイナンバー関連で発生した情報漏洩事故について、所感を伺います。 林市長:  古谷先生、おっしゃって頂きました、これまでもマイナンバーの適切な管理に私自身は努めてきているというふうに思っておりましたが、今回の漏えい事故を発生したことは、大変申し訳なく思います。今後も事故原因に対…続きを読む


下水道料金の未徴収問題で市長は責任をとるべき!! ~予算特別委員連合審査での一問一答 その…

下水道料金の未徴収問題で市長は責任をとるべき 古谷議員: 次に、下水道使用料に係る不適切事務について伺います。  この問題、16億円もの徴収漏れが見つかり、うち13億円分が市の関連施設だったという問題が発覚しました。昨年の12月に「下水道使用料に係る不適切事務に関する再発防止検討結果報告書」が出されたわけですが、どうにも私は納得ができません。まず、条例に定められた提出書類を所管局がそれを求めなかったということでありますが、公務員がこうやって条例に基づいたものが守られなかったことについての、市長の見解を伺います。 林市長:  この下水道の使用料の未徴収については、私も大変、忸怩…続きを読む


動画

2分でわかる「市政&県政 Yes or No」市会・古谷&県会・木佐木(横浜市鶴見区)政策PV

動画一覧へ

Top