ブログ

「展示会でのアンケートは教育委員には一切見せない!?」「教科書採択の直接傍聴はたった20名…

この夏は、教科化された中学校の道徳について、どの教科書を使うのかを決める教科書採択が8月1日に行われます。 この教科書採択に当たって、公開性と透明性を高めるために緊急に教育長に対して以下の通り申し入れを行いました。 2018年7月19日 横浜市教育委員会教育長 鯉渕信也 様 日本共産党横浜市会議員団 団長  あらき由美子 中学校道徳教科書の採択にあたっての公開性・透明性を高めることを求める申し入れ 2019年度、2020年度に使用される中学校道徳教科書の採択が、8月1日(水)開催の横浜市教育委員会会議で行われる予定です。本年度の教科書採択は「平…続きを読む


「不十分な調査項目」にもとづき「素人」が判断して結果が十分ではない!! ~学校施設のブロッ…

昨日、横浜市が学校現場のブロック塀の調査結果を発表したのを受けて、本日、林市長に対して「学校、通学路等のブロック塀の安全対策についての緊急申し入れ」を行いました。 昨日の横浜市の発表によれば、509校あるうち、59校に問題がある可能性があるとのこと。 しかし、今回の調査方法にそもそも問題があると考えています。 今回の調査は、学校に依頼を出して、市が示した調査項目に基づいて「素人」が調査した結果を集約したもの。 しかも、その調査項目については、「配筋があるかないか」の調査は全くありません。 つまり、今回大丈夫だと判断したところも、本当に配筋が入っているかは確認していないわけで、…続きを読む


[記者発表速報] 横浜市内の学校施設のブロック塀等の調査結果

…続きを読む


動画

2分でわかる「市政&県政 Yes or No」市会・古谷&県会・木佐木(横浜市鶴見区)政策PV

動画一覧へ

Top