駒岡・獅子ヶ谷地域

鶴見区内の地下を走っている雨水貯留幹線に入ってみた!! ~獅子ヶ谷地域の浸水被害をなくすための「北部処理区獅子ヶ谷雨水幹線下水道整備事業」の現場を視察

8月11日、獅子ヶ谷地域で毎年大雨による浸水被害を受けているところがあります。その被害をなくすために、4年前から大雨時に雨水を一時貯めておく施設・雨水貯留管の敷設工事が行われています。その現場を視察してきました。
IMG_0076

IMG_0059
雨水の貯留管というのはこんな感じのもので、既存の下水道管から貯留管の方へ雨水を一時的に流入させるもの。
フル ページ写真_01

地下に入る前には、その深度の酸素濃度をはかりながら入っていきます。
IMG_0060

一歩一歩、地下への階段を降りるたびに、ヒヤッと空気になってきます。一番下までで、16メートルほど。
IMG_0075

これが、雨水貯留管。直径は3メートルでこの区間は、600メートルあるとのこと。

IMG_0061

IMG_0064

中には、以前に行った見学会で参加した子どもたちが書いた絵も。
IMG_0073

地域にとっては完成が待たれているこの施設。完成予定は、来年度末とのこと。
普段は目に触れない下水施設は、私たちの生活を根底から支えてくれている施設です。
こういうインフラは、しっかり整備してもらいたいと思います。


2015-08-11 | ブログ視察・研修駒岡・獅子ヶ谷地域

獅子ヶ谷・駒岡にある二つ池の公園化事業の工事がいよいよ始まります!!  ~2015年1月15日の説明会でのパワーポイント資料

2015年1月15日の住民説明会での最新資料


2015-01-28 | 二つ池公園地域要求

Top