ブログ

要望を続けてきた非婚ひとり親の寡婦控除のみなし適用を横浜でも実施することについて、取材を受けました!!

今日、しんぶん赤旗の家庭欄の記者さんから連絡あり「4月からの新年度から、非婚ひとり親の寡婦控除のみなし適用を実施する自治体が政令市・県庁所在地計51市のうち、9市ある。すでに実施済みの24市と合わせて33市になる。そこで横浜と福岡を取材したい。ついては古谷さんの活動を掲載したい」とのこと。
そこで、この間この問題についての見解や活動を見返してみた。
まずは、昨年度の初めに、お隣の川崎市がさかのぼっても、この問題を解消したいと市長が言明したことを受けて改めて市長に対して、本会議場でこの問題を「いつやるのか」と追及。そのことをブログに書いたところ、反響が続々!!

 特に、川崎市で今この問題で行政への審査請求を行っている方から激励のメールが入り、今日実際にお会いすることとなりました。
Iさんは、文字通りたった一人で声をあげて、マスコミにも協力をしてもらって、結果市長を動かし「みなし適用を4月にさかのぼってまで実施をしたい」と言わせたような行動的な方です。
Iさんは「こんな行動を起こそうと思ったのは、税務署で『婚姻歴の有無で差別されるのは合理的でない』と訴えると、職員から『制度だから仕方がない』と言われたこと。」「川崎市も市長が決断をして、一か月もあれば実現できることを証明したので、ぜひ横浜市でも実現させてほしい」とのこと。
IMG_4531
本当にすごい人です。なんとか、横浜市でも揺り動かして、実現させていきたいということで、あらためて、6月にも市長に対して申し入れを行い実施を迫りました。
結果、とにもかくにも、この4月からの実施となりました。
こういった経済的に困窮して日々苦しんでいる方々の思いを議会で代弁し、その権利の守り手となる。これは今まで私が続けてきたことです。
数日後に、しんぶん赤旗の記事に、私の談話がのっかります。ぜひご覧ください。

2015-03-28 | ブログ

Top