ブログ

学校現場で保管されている放射能汚染物質を含んだ廃棄物の詰まったドラム缶の撤去が決まりました! ~本日(8/29)付の放射線対策本部会議での会議資料の全文

学校現場で保管されている放射能汚染物質を含んだ廃棄物の詰まったドラム缶の撤去が決まりました!
新たな保管先は、鶴見区末広町にある北部汚泥資源化センターに鉄筋コンクリートの建物を建てて保管するとのこと。
時期については、できれば冬休みに、遅くとも春休みまでに移動できるようにするとのこと。
ベストの提案ではないですが、子どもたちの現場から遠ざけるということではベターな提案だと思います。
但し、本質的には国と東電が責任をしっかり取って引き取ってもらいたいと思います。

SKM_364e16082915520SKM_364e16082915521


2016-08-29 | ブログ

Top