ブログ

【視察報告】 「重機も人の手も足りない!!」発災後一カ月たつのに、いまだ生々しい豪雨災害被災地の現在の様子 ~広島県坂町の現在の状況

 

 

8月7日、豪雨被害のあった広島県の坂町へ、みわ議員と被害状況の視察に行ってきました。
ちょうど、一か月前、広く西日本一帯を襲った豪雨災害。平成に入って最大の災害と言われています。
中でも広島県は、一番死者数も多い、甚大な被害を受けたところです。
そんな被災地の広島県坂町に、みわ議員の親類が被災されたということで、一緒にお話を伺ったり、周辺の被災した様子を見させていただきました。

広島駅から山陽本線に乗車すると、坂町までは通じていますがその先はバスでの振り替え輸送となっています。
坂駅を降りると、すぐその辺り一帯が冠水した地域だとのこと。
流れてきた泥を袋に入れた土嚢が置き場がなく積みあがっています。
IMG_1492泥流は、私の身長をはるか超して流れて来たようです。

IMG_1494

町内には、動いている重機をあまり見かけず、これは他所から来た「災害支援」のための重機。
その他は川を浚渫している重機ぐらいしかありませんでした。
そのために、いたるところの排水溝が詰まってしまっていて、しかも粘度が高い泥。
それをボランティアの方々がスコップで掘り出している状況。一か月もたっているのに、その状況。
IMG_1491
ゴミの置き場や土砂の置き場は、公園を活用しています。
IMG_1510

IMG_1500

坂町では、今回の豪雨で川の堤防が決壊したわけではなく、全てオーバーフロー。つまり川で流せる量を超える量の雨が降ったため、堤防を越えてしまった。そのうえ、大量の流木や自動車などが流れてきて橋に引っかかり、さらに水が道路へと流れだしてしまった。
IMG_1508
IMG_1499
被災を受けた方にお話を伺ってみると、
「もう5日の昼ごろから雨がすごくて・・・。翌日の15時52分、土砂災害警戒情報が発令された。その後県全体に大雨特別警報が発令。19時58分に、町全域に避難指示が出された。私たちは、いつも土地が降り方の雨だということで、その前から避難所へ車で逃げていた。」
「近所の人にも声をかけたけど、『お風呂に入ってから逃げるね』と言われたので先に行った。その近所の人は結局、逃げようと思った時には車がつかえないので、土砂降りの中、避難所へ歩いて行った。」
「というのも、この辺りは、本当に災害のない地域。台風も大雨も地震もない。今回警報が出ても、『まさか』と思った人がたくさんいたのではないか。」
IMG_15041
お話を聞いた方からは、今回の災害を受けて、事前に準備をしておいた方がいいとして気づいたことをお話しいただきました。「避難場所は決まっていても自動車の駐車スペースをどうするかは考えておいて方がいい。」
「町内全域に避難指示が出たが、そもそも全員が避難できる所はないので、今回も逃げられない人は屋内の二階以上へと上がるようにとアナウンスしていた。」
「うちにある井戸があって、本当に役立った。もっと行政的にも、井戸を普及させることが必要ではないか。」
「被災後に、泥が入ってきた床下を乾かすために扇風機などを使っていたり、水道を大量に使っていたが、それらはどこまで災害対応でみてもらえるのか、早くアナウンスしてほしいし、できれば事前に決めていてほしい。」
「土嚢袋やブルーシートは、どこのうちでも必要なので、全世帯に配布できるように日頃から準備をしておいてほしい。」
「情報の出し方はよくよく考えてほしい。うちは同報無線がよく聞こえるところだが、それでも大雨で聞こえなくなった。なので、テレビやFMラジオ、スマホなど、いろんな方法を組み合わせて情報発信をしてほしい。」
「最後に、職員が少ないことが決定的。こういうところに広域合併の弊害が如実に出ている。あとは、スペシャリストの職員さんがいなくなっていると感じる。」

帰り道、
IMG_1522

IMG_1520

IMG_1516

IMG_1518

IMG_1513

IMG_1514

IMG_1519
とても被災して一か月もたっていると思えないような、生々しい被災状況。
ボランティアさんの動きはよく見かけるものの、重機はあまり動いている様子は見えない。
いまだに、100人以上が避難所生活をしているとのこと。
一刻も早く支援の手が必要だと感じます。

横浜で発災した場合はどうするのか?
今回の知見も経て、しっかり提案していきたいと思います。


2018-08-08 | ブログ

Top