ブログ

[写真多数あり] とんでもない爆音被害を受けながら、その一方でそのための補助金で作られた供用会館とは・・・ ~横浜市会基地対策特別委員会視察報告 その二

横浜市会の基地対策特別委員会の視察で岩国市に行ってきた、二日目。
朝からは短時間、政務活動として、岩国市議会で先頭に立って基地問題を取り上げてきた日本共産党岩国市会議員団と意見交換をさせていただきました。

IMG_1839

「基地があることによって住民サービスが遅れている面が少なくない。公共下水が40%台の整備率。公立の小学校中学校も老朽化が激しく、建て替えの問題が出ている。その一方で、小児医療費などは小学校卒業までだがその財源は基地の再編交付金になっていたり、対応が難しい問題がある。」

「市の当局も基地があることによっての爆音被害は問題だと思っているらしくて、滑走路の沖合移設の問題もあった。要するに、一キロ沖合に滑走路が移設すればそれだけ騒音が減るという発想。しかし、結局、その分基地面積が増えて、さらにその埋め立てのために愛宕山という山を崩してそれを持っていった。その削った愛宕山には米軍住宅ができるとのこと。今周辺住民が猛反発して、米軍住宅計画が当初よりも縮小していった。」

「基地があることで、市財政が補助金漬けになっているものとして、町なかにある供用会館という施設が市内に32館ある。また、今度愛宕山を崩して作ろうとしている米軍住宅の隣につくる野球場やスポーツ施設は、市民との共用にするとして、懐柔策に使われている。」

「私たちの団としては、基地との共存はありえない。このままなし崩し的に岩国基地の強化が行われていくことをとめないと、町の発展はない。人口が減っている岩国がこのままでは将来構想を描けない」

 

午後から、再び平和委員会の吉岡さんの案内で、愛宕山の米軍住宅建設予定地周辺を案内してもらいました。

IMG_1817

こういう黄色い旗が愛宕山周辺を中心に、あちこちで見かけます。
IMG_1834

上記の写真の真ん中にあるのが建設予定地。もともとあった山を崩して高台に平地が出てきています。周辺住民は、この場所を当初は新しい街をつくるのでぜひ土地を提供してほしいと言われたのに、話が二転三転して米軍住宅になるなんてことは許せないと、建設反対の座り込み運動にも参加している人も。
IMG_1845

続いて、14万人の人口の岩国市に32館もある供用会館とはどういうものかを実際に見せてもらいました。
これは、平均的な供用会館の様子(いろんなパターンがあるようですが)。

IMG_1851

IMG_1858

IMG_1853

こんなことを書かれると、爆音被害を受任せよと言われているように私は思えました。

IMG_1854 IMG_1855

電気代などの実費のみの金額でこんなホールが使えます。もちろん爆音被害を受けないように二重サッシになっています。他にもさまざまなタイプのお部屋や体育館的な施設があるところも。
これはいわゆる公民館的な建物。それが人口14万人の岩国市に32館もあります。

これが国による懐柔策、”アメ”の施策でしょうか。

 

また、今までの爆音訴訟をはじめ、裁判闘争のお話も伺いました。

結局「米軍機の差し止めは主権が及ばない」ということで、いい判決結果にはなりません。この壁が乗り越えられないというのは、結局、爆音被害を受けている住民は日本国憲法では守られないということになります。

さいごに、神奈川の基地問題にふれて、特に横須賀で米空母の母港化の問題は、全国に艦載機訓練をするということで爆音被害をばらまいていることにもなってしまうので、神奈川での基地問題の取り組みは特に重要だとの意見交換しました。

IMG_1864

視察を受け入れてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

岩国で学んだことを横浜市の基地対策の施策でもしっかり活かしていきたいと思います。


2015-11-20 | ブログ平和・米軍基地

Top