ブログ

3年後に1,700人48クラスになる過大規模小学校へ、早急に教員の更なる加配を!  ~予算特別委員連合審査での一問一答 その三

3年後に1,700人48クラスになる過大規模小学校へ、早急に教員の更なる加配を

古谷議員:

 教員の多忙化で困難になっている具体的例として、鶴見区の市場小学校について伺います。市場小学校は、ただの大規模校ではない過大規模校です。4月からは一年生が9クラスとなり35クラス1,200人の生徒数になる見込みです。その後も児童数は伸び続け、3年後には48クラス1,700人となる見込みです。それを解消するために国の指針に基づいて、3年後には分校を開校することになったわけです。
また、過大規模校の対応として教育委員会も一定の教員の加配の配慮を市場小学校にしているのは承知していますが、まだ不十分です。
文科省の「公立小学校・中学校の適正規模・適正配置等に関する手引き」によれば、市場小学校のような過大規模校は、教職員数を増やすことにより適正な学校運営を図るとされています。これにもとづき、国による教職員の加配メニューになくても、至急本市独自の教員の加配も行うぐらい、思い切った手立てを打つべきと思いますが、見解を伺います。
IMG_9550

岡田教育長:

 今、先生からご紹介ありましたように、市場小学校の児童の急増対策として、5年生6年生が学ぶ学年による分校の設置方針を、先日教育委員会で決定したところでございます。現在、適正な学校運営をなされるように、一定の加配は行っておりますし、今後、学年を5.6年生の分校をつくるというころの準備も始まりますので、それに合わせて、学校運営をしっかりできるような体制を整えていきたと思っています。

古谷議員:

 分校が開校するまでも大変な状況だと思いますので、それは改善を図っていただきたいと思います。市場小学校では、来年度から運動会は、児童が増えすぎて自校のグランドではできません。この四月の入学式も二部制となっています。遠足に行くときにも一学年だけでバスが7~8台が行列すると聞いております。その際の児童の安全安心を確保するために、現場の教職員は非常に苦労しています。給食の時間も一大行事で、給食室の周りは大行列となっています。

市場小学校の放課後のキッズも、今現在の利用児童数は127人で、運営を委託している事業者に配布される予算は91人が上限で、予算が決まっています。それ以上受け入れても、予算は変わらず、かつ上限を超えた受け入れ人数を拒むことができません。
この事業予算のほとんどは人件費ですから、受け入れ児童数が増えれば増えるほど、とても手が回らないようになっています。ここと同じように上限を超えているキッズは、全157クラブ中48クラブもあります。もっと実態に合わせた上限の枠を広げるなど改善をはかるべきだと思いますが、局長に見解を伺います。

田中こども青少年局長:

 放課後キッズクラブの中には、利用児童数が非常に多いため、規模に応じた加算補助を増額してほしいとの声があることは、区を通じて把握しております。平成29年度予算案では、厳しい財政状況の中でも障害児の受け入れに関する加算の拡充ですとか、経験年数等に応じた処遇改善等にかかる費用を計上しております。今後も現場や利用者の声に耳をかたむけながら、必要な検討を行ってまいります。

古谷議員:

 今年4月から困っているという状況なので、すぐ改善をはかっていただきと思います。

市長、この市場地域は、本当に地域のつながりが密で、町内会の活動も非常に活発なところです。おじいちゃんおばあちゃんの代から、市場小学校に通っていると、こういう方がこの学校への愛着を持っている人が本当に多い所です。そんなこの場所に住もうと選んでくれた子育て世代の期待に応えて、子どもを安心して通わせられるような環境を整えていただきたいと思いますが、市長の見解を伺います。

林市長:

 古谷先生の今のご意見は本当にごもっともだと思います。私ももちろん子どもたちが健やかに育つため、良い環境の中で学習してほしいと願っています。
この件につきましては、改めてこども青少年局、それから教育委員会ともですね、一度話してみます。

古谷議員:

 市長、ぜひ話をするだけではなくて、市場小学校の現場、ぜひ見ていただきたたいと要望します。また、この教員の多忙化の問題は、後回しにしないでいただきたいと思っています。強く改善を求めて、次の質問に移ります。


2017-03-23 | ブログ子育て・保育

Top