ブログ

「会話が成り立っていない・・・」「質問にまともに答えない(怒)!」ことへの教育委員会への抗議の一部始終 

現在、横浜市会の第三回定例議会が開会中です。
特に、決算の特別委員会が隔日で開催されています。
副市長や局長に対して一問一答ができる貴重な場です。
そして、その質問の場に立つにあたって、その場しのぎの回答ではなくしっかり回答をしてもらうために、どういう質問をするのかの骨子を双方で確認していきます。「どういう趣旨でどういう質問をするのか」をあらかじめ通告します。
もちろん、回答によってはいろんな質問がでることまでは通告しませんが・・・。

今回、決算特別委員会の教育委員会の質問をしましたが、明らかに質問に答えていないことに対して抗議しました。
教科書採択に関するところで、その部分はこちら。


古谷議員:直接傍聴者が増えると静謐な環境が確保できないという認識なのでしょうか。

岡田教育長:本市では通常使用する教育委員会の会議室を使用しておりますけれども会議室のスペースに都合がつく限り傍聴席を用意するように努めております。

古谷議員:答えが違います。

岡田教育長:傍聴席を用意するように努めておりますので傍聴者の数が静謐な環境ということではないと考えています。


これ、文章が成り立っていません。
横浜市は現在、教科書採択であろうと通常の委員会であろうと、一切直接傍聴者を増やしていません。市民的に関心の強い教科書採択の際には会場を変えてでも直接傍聴者を増やすべきと思って質問をしたもの。
傍聴者が増えることで静謐な、つまり静かな会議の環境が保てないのかと聞いていますが、全く答えていません。

続いて、これ!


古谷議員:少し角度を変えて質問させていただきますが、教科書採択について様々な市民団体が採択方法の改善を求めて要望していると聞いています。私は開かれた教育委員会として運営していくにあたって、多くの方が教育行政に関心を持ってくださることありがたいことだと思っていますが、教育長は教育行政に強く関心を持って、改善して欲しいと要望出されている市民の皆さん、どういう存在だと思っていますか。

岡田教育長:教科書採択につきましては様々な要望が寄せられます。どのような場合におきましても緊張感を持って採択に望んでおります。

古谷議員:質問に答えていません。どういう存在だと思っていますかと聞いたのです。

岡田教育長:それはもちろん教育委員会にもあるいは教育にも非常に高い関心をお持ちの方だと考えております。

古谷議員:ぜひ高い関心を持っている市民を蔑ろにするようなやり方は止めていただきたいと思いますし、改善を求めて引き続きこの質問は取り上げ続けていきたいと思います。


これも最初の質問のやり取りがやり取りになっていません。その後の回答も何か馬鹿にされたような回答!!
他もありましたが、とにかくこんな感じで質問は通告しても回答がまともに返ってこない!!

強く抗議して、改善を求めました。


2017-10-12 | ブログ子育て・保育

Top